ヒオキのような高配当や自社株買いに注目して投資

株主への還元が多い企業に投資すると効果的ですが、その目安になるのがまず一つは自社株買いです。
これは現在市場に流通している株を企業が自分で買い戻すもので、数パーセント、数十億円の規模になることが多いです。
これによって今すでに持っている株主の分が相対的に値上がりしますので、株主にとっては得になります。
なお、この場合発表と実際で違いがあることがありますので注意が必要です。
発表されるのは今後行なう予定ですというものにすぎず、例えばその半年後1年後に発表時とまったく同じ額同じ数で実際に買う場合と、そうならない場合とがあります。
発表時の約束通りに実行した企業はその後も評価が高いです。

もう一つは配当です。
企業の業績がよければ株に配当が多く付きますからこれも大変得です。
今年2016年に配当を増配した企業の中で注目を集めたのがヒオキです。
なおこのヒオキはローマ字や漢字でも企業名が表記されます。
今年ヒオキは経常利益を大幅にアップさせ、10期ぶりに過去最高益になるという好調さでした。
それで年間配当も上がったのです。
このような会社に投資できるよう日頃から情報を集めておくことが大事です。

ヒオキはテスターという電気測定器のメーカーです。
最近ではEV電気自動車への納入が進んでいます。
電気自動車は電圧が重要ですが、それを測るのに欠かせないのです。
あるいはスマートフォンです。
充電器も必要不可欠なものとして活躍しています。

ヒオキは海外にも進出していますが、特にアジアで現場測定器が引っ張りだこです。
現場測定器とは新設工事や定期点検などの時にその現場で使用し数値を測定して確認するものです。
東南アジアなどで、機能にすぐれたヒオキの製品は高く評価されています。
日本国内でも需要が多いですし、現在どの分野でも好調ということができます。
次々と新製品や新事業を今後も展開すると思われますので、ヒノキは今後も注目の投資先です。